2018年10月04日

ランニング記事つづき。


しょっちゅう足を軽〜く痛めてまして
それは何故か・・・といいますと。

シューズを変えていたからでした。
底の厚みのあるのと薄いのと使い分けをしてたのですが
それによって着地する足の部位が違うので
底が普通のと薄っぺらの靴を履くと
まったく違う部位が筋肉痛になる。
と言う事を身をもって学びました。

足の前で着地するフォアフット走法、
真ん中で着地するミッドフット走法、
踵から着地するヒールストライク走法と
自分で比べて体感してみて自分に合った方法で走ろうと思ったからで
結果オンロードならミッドフット走法が一番良いかな。
ただフォアフット走法は軽快感が大で気持ちが良い。

トレランは足場が悪い事が多いので
特に意識せずです。
油断すると落ちてる枝などでつまずくし
疲れてくると足が上がらなくなるので良くつまずく。

いまは長い距離を走る靴と短い距離で足をまんべんなく鍛えるときはコレ。
っと言う具合に靴を使い分けております。

ネットでは情報があふれてて「速く走る○○の方法」なんか見ると
「そりゃあなたはそれでしょうが私はあなたではないのよ」
っと思いながらも参考にさせてもらって試したりしてます。
自分の足は人とは違うから自分の方法を見つける。

サブフォーランナーとサブスリーランナーでは
条件がちがうし足の強さも違うので
自分で試し得た結果なので少しは身についたとは思う。

あとは実力を考えずに無茶な大会にエントリーして
痛みや違和感を残したまま又次の大会に出走したこと。
これが大きい!



またつづく。
【関連する記事】
posted by bashow at 23:22| 奈良 ☁| ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二千年の観月会

日曜日「二千年の観月会」という名の演奏会が
りました。

雨の影響で屋内になりましたが
元は穴師という卑弥呼の祭祀場の有力な比定地とされる
纏向遺跡の東側にあり、古代の渡来人が行き交った
場所でもあると言われて居る場所。

多くのボランティアスタッフが関わり
手作りで観客席もつくったり熱い熱い
想いの持った方々が中心となって開催されております。

当日は屋内と言う事で楽器搬入やセッティングなど
やり易いのですけれどやっぱり外で演奏したかったな
と強く思いますね。今年は雨男全開です。

いつもは演奏会ということで
それぞれ順番に演奏して終わるのですが
去年の打ち上げ時に、

「太鼓や笛の音でお客さんを余韻に浸って
   帰って頂くのはどうでしょう?」

っと主催者に提案して今回それが実現しました。
いずれその場に居る全員で踊りだす・・
っとかになれば「聞く」という受け身的立場から「加わる」と言う
参加になるのでより一層記憶に残るかとは思います。

ましてや場所が場所だけに古代に祭祀が行われて
いたであろう場所、うってつけではないですか!

演奏は最近ガッツリ走っているので足腰が
かなり粘りが強くなって体幹が更にぶれなくなった。
撮影していた方からもそのように言っていたと
伝え聞いて、走りが活かされたね。

晴れたら山走ろう。

052-1.jpg043-1.jpg059-1.jpg057-1.jpg
posted by bashow at 13:17| 奈良 ☔| Performance | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月28日

かなり久しぶり。。

気が付けば3年ほど止まってました。

2015年と言えば初フルマラソンを走った年。
この年からランニングを始めて
7月のゴールドコーストマラソンでした。
タイムは4時間8分でここから走るのが
好きになり本格的に走り出す。
(とは言っても月間60キロ程度)

2016年7月も二回目のゴールドコーストマラソンに出走。
この年は足がちょっと痛くて4時間25分。

2017年12月に奈良マラソン出走。日本では初マラソン。
タイムは3時間51分。サブフォー達成。

2018年2月に紀州口熊野マラソン出走。
足痛くてタイムは4時間20分。

2018年6月に100キロマラソンに初挑戦。
80キロで棄権。

2018年7月三回目のゴールドコーストマラソン。
また足痛くタイムは4時間25分。

2017年からトレイルランを初めて
春に30キロのトレラン。9月に調子に乗って
第一回京都一周トレイルグランドトラバース65に参加。
途中比叡山関門にてタイムオーバーDNF(Do Not Finish)でした。

つづく・・・
posted by bashow at 15:05| 奈良 ☀| Performance | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月13日

梅雨の晴れ間に。

先週に以前書いた薄っぺら底の靴を
履いて初21キロチャレンジをした。

それまでの長い距離はクッションの良い靴を
履いてたが初挑戦。

5月のハーフマラソンはガッツリ衝撃吸収の良い
靴で逆にフワフワして地面からの感覚が鈍く感じた。
それまでのペラ靴での最高距離は14キロ。
ペラ靴。やっぱり足の疲れが激しい。

21キロ完走後いつものような次の日に
疲れが引きずる様な事が無くて
確実に足は鍛えられてる感じを受けた。
自信がでる。

それならばここは一丁やってやりましょう!
経験値を早くゲットしたほうがいい。
っと今日31キロチャレンジした。

県境を越えて三重県まですすみ
普段車で通る道が走るペースだと
新鮮に感じる。

水のにおい、木や葉っぱのにおい、水面がキラキラと光る川。
半夏生の独特のにおい。

良い感じで折り返し地点で水分補給して
すすむ。まだ余裕がある。
24キロあたりから足全体の疲れが出てきて
かなりの汗がでていたのでもう一度
水分補給しようとするが所持金90円・・・

一気に疲れ噴出で後はグダグダになりつつ
引き返し最中に夜の教室があったのを思い出して
心はターボモードで走るが足は
ロバモードでした。
たぶん軽い脱水症状だったと思う。

来週はきちんと本番用の靴をはいて
お金もしっかり持って
再び31キロチャレンジをしよう。

途中に自転車も今ブームのようで何台かと
すれ違ったけど、走る方が好きかな。
「オレが動いてる」感が一杯だから。

初31キロの「初」ってのがいい響きだなと
思ってまだまだチャレンジ出来る事が
なにかとあるな。

っと足は痛いが心はそうでもない日だった。










.
posted by bashow at 02:31| 奈良 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月10日

感じる。・・と言うか作り出す。

今月21日の国立民族学博物館
「音楽の祭事」での演奏。
いつものメンバーと違って子供達中心に挑むとは
先日のブログで書いた。

私は最初に前座でさせていただいて次に
やや若者二人のソロ、トリに子供達の構成です。
で、大体メンバーは選抜したのだけど
そのギリギリで外れた子がいる。
いまのままでは無理だったけど
チャンスが巡ったらいける。
かも・・だ。

残念ながら現時点ではメンバーに漏れるけど
もしかして、もしかして短い間に成長して
他メンバーを落として加われるかもしれない。

参加メンバーには
「今回は一回でも練習に来れないと出れません」
と伝えており緊張感を持ってもらっていて
何時ものグループでの演奏では
無い事を感じてもらっている。

前にその子に練習には参加出来ないけど
見に来れば?もしかしてチャンスがあるかも。
と遠回しに言った。
もしかして・・もしかして
たとえば参加メンバーが何かの事情で来れなくなったとかで
急遽それに参加できるかもしれない。
そこにいたら・・・・チャンス到来やん。

まだ小学生にはにはちょっと酷かなとは
思いつつもこんな事から
前に出る習慣なんかついてくれたらと思う。

黙っててわかってくれるのは親ぐらい。
だから少しでも出すようにしよう。
とは言っているけど、
その中から表現する事を学んで欲しいなと思う。

そんなドラマを見たい方は
21日・大阪吹田市万博公園内
国立民族学博物館へどうぞ。





.
posted by bashow at 04:26| 奈良 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする