2018年10月17日

本日山で修行、三峰山山駆。

先日ながく運転したりしてどうも腸の具合が重い。
そこで夕食と朝食は酵素だけ飲んで腸を軽くして
腹が減ったのを実感して昼食を取り入山。

いつもの逆コースの約6キロの長い坂をのぼって
標高900m地点でコーヒー用の
湧き水を3リットル汲んで
エッサエッサと山頂で写真撮って
来た道と違う不動の瀧を通るコース。

だいぶ山頂は冷えて風も強くこれからは
ちょっと気をつけないと。

新しいイノシシの荒らした跡やら
たぶん大きな鹿の足跡見つけるたび
熊鈴をグヮラングヮランと振って

前回より5分ほど早く下山。

また今日も誰とも合わなかった。
【関連する記事】
posted by bashow at 20:46| 奈良 ☀| ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月09日

ダイトレ走る。

さて天気がいいので足腰を鍛えるぞ!
っと言う事でダイヤモンドトレイル走って来た。

【ダイヤモンドトレールは北は奈良県香芝市の屯鶴峯から
大阪府最高地点のある金剛山や河内長野市の岩湧山を通り
南は和泉市の槇尾山まで続く全長約45キロメートルの
自然歩道。金剛生駒紀泉国定公園の自然に親しんで
もらうために大阪府と奈良県が整備。昭和47年に
金剛石(ダイヤモンド)にちなんで名付けられました】
っとある。

二上山登山口からスタートして金剛山頂〜二上山の
約40km走のつもりが出発が遅く下手したらライトが
必要になるので手前の葛城山で
折りかえすルートの約25キロ。

気温が高くて飲料水の量がたりないかもと気づきこれは
危ないと気をつけながら走りますけどアップダウンが
多いので喉が渇くこと渇くこと。

持参した水が2.5リットルで帰りを考えると思った
以上に減るペースが早く葛城山頂で自販機が
あるのは知ってたのでそこでお茶を購入し
昼食をとりました。そこまで水の補給が
出来ないので次回からは用心です。

山頂のお茶は値段が高くても命の水です。
そんな事は言ってられません。
しかし立ち止まると汗冷えで寒くなり秋やなぁと
体感した一時。

ダイトレ名物の長い長い階段が
ハムストリングスにこたえる・・連続階段はハードで
結構しんどいコースあるが鍛えられるではないか!

ここは地元の山と違いたまに人とすれ違う少々賑やかな
登山道で熊鈴も持たず安心感があって道も倒木くらいで
そんな荒れていなくて走りやすかった。

帰りルートは道を間違えて変なところに出てしまい
分かりやすい道とはいえ走ってたら標識を見落とすことが
何回かあってそのお陰で湧き水のめる水場があったので
たらふく呑んでスタート地点に戻り終了。

湧き水は美味いわ。
_20181009_185522.JPG
posted by bashow at 19:10| 奈良 ☀| Performance | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月07日

本日秋祭り。

今日は五穀豊穣を祝う地元の秋祭り。

最近の自然災害を考えるに
自然の前にしてなんと人の力は無力か。

田植えしてやることして
あとは成長を天に祈るしかない。
うまく収穫したら
天に感謝するしかない。

あらためてそのように感じた
秋祭り。

この日は老若男女
いい顔してました。


DSC_5180.JPGDSC_5183.JPG
posted by bashow at 23:49| 奈良 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月04日

ランニング記事つづき。


しょっちゅう足を軽〜く痛めてまして
それは何故か・・・といいますと。

シューズを変えていたからでした。
底の厚みのあるのと薄いのと使い分けをしてたのですが
それによって着地する足の部位が違うので
底が普通のと薄っぺらの靴を履くと
まったく違う部位が筋肉痛になる。
と言う事を身をもって学びました。

足の前で着地するフォアフット走法、
真ん中で着地するミッドフット走法、
踵から着地するヒールストライク走法と
自分で比べて体感してみて自分に合った方法で走ろうと思ったからで
結果オンロードならミッドフット走法が一番良いかな。
ただフォアフット走法は軽快感が大で気持ちが良い。

トレランは足場が悪い事が多いので
特に意識せずです。
油断すると落ちてる枝などでつまずくし
疲れてくると足が上がらなくなるので良くつまずく。

いまは長い距離を走る靴と短い距離で足をまんべんなく鍛えるときはコレ。
っと言う具合に靴を使い分けております。

ネットでは情報があふれてて「速く走る○○の方法」なんか見ると
「そりゃあなたはそれでしょうが私はあなたではないのよ」
っと思いながらも参考にさせてもらって試したりしてます。
自分の足は人とは違うから自分の方法を見つける。

サブフォーランナーとサブスリーランナーでは
条件がちがうし足の強さも違うので
自分で試し得た結果なので少しは身についたとは思う。

あとは実力を考えずに無茶な大会にエントリーして
痛みや違和感を残したまま又次の大会に出走したこと。
これが大きい!



またつづく。
posted by bashow at 23:22| 奈良 ☁| ランニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二千年の観月会

日曜日「二千年の観月会」という名の演奏会が
りました。

雨の影響で屋内になりましたが
元は穴師という卑弥呼の祭祀場の有力な比定地とされる
纏向遺跡の東側にあり、古代の渡来人が行き交った
場所でもあると言われて居る場所。

多くのボランティアスタッフが関わり
手作りで観客席もつくったり熱い熱い
想いの持った方々が中心となって開催されております。

当日は屋内と言う事で楽器搬入やセッティングなど
やり易いのですけれどやっぱり外で演奏したかったな
と強く思いますね。今年は雨男全開です。

いつもは演奏会ということで
それぞれ順番に演奏して終わるのですが
去年の打ち上げ時に、

「太鼓や笛の音でお客さんを余韻に浸って
   帰って頂くのはどうでしょう?」

っと主催者に提案して今回それが実現しました。
いずれその場に居る全員で踊りだす・・
っとかになれば「聞く」という受け身的立場から「加わる」と言う
参加になるのでより一層記憶に残るかとは思います。

ましてや場所が場所だけに古代に祭祀が行われて
いたであろう場所、うってつけではないですか!

演奏は最近ガッツリ走っているので足腰が
かなり粘りが強くなって体幹が更にぶれなくなった。
撮影していた方からもそのように言っていたと
伝え聞いて、走りが活かされたね。

晴れたら山走ろう。

052-1.jpg043-1.jpg059-1.jpg057-1.jpg
posted by bashow at 13:17| 奈良 ☔| Performance | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする