2013年06月22日

緊張しないのか。

っと言う質問をされた。

4月のコンサートを見た人からである。

「そんなんする暇なし!」っと答えたが
そういえば演奏をする寸前、
舞台袖から舞台へ踏み出す時の一歩で
スイッチが入る。
入ると言うより入れる。

他の例えをすれば「別の部屋に入る」感覚。
2時間弱のコンサートを一人でするのって
緊張する隙間が無くて、もしかして
それが好きでやってるかも知れない。

昔グループに所属しているとき
私の先生に他メンバーはもっと前から
スイッチが入るのに「寸前にスイッチが入る」
っと言われたのを思い出す。
それがどうのこうのでは無くて

個性ってのですかね。

ただ誰か人の演奏の地打ちなど
するのは舞台に上がっても
固い・・・完全な別モード。

オモロいぜ。人間って。





.
posted by bashow at 02:08| 奈良 ☔| 質問コーナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月02日

質問コーナー No.1

ときどき色んな質問を受けますが
きょうはその中から幾つかを。

「伝統的なのはしないの?」です。

曲は全て創作ですが、とはいえ
どこかから影響は受けています。

有名プロ太鼓集団が演奏している
三宅・屋台囃子など
素晴らしいと思いますが
その流派の師匠がいるかぎり
その方のスタイルから逸脱はできない
縛りがあるということで、その反面
その曲の知名度は借りることはできる。

私などそれが嫌なので

「同じようなスタイルで格好いいのつくれば?」
「マネから初めて昇華させればどうよ?」

物事はマネから始まります。

私の指導させて貰っているチームの
幾つかのチームの代表にも伝えた事がありますが

「習う方は向上心があるのでチームにとって良くない、
指導者がダメだなっと思ったら何時でも切って下さい」

それにしがみつく気はなくて指導者もその
緊張感を持つ事は大事です。
先生、先生など言われて受け入れると
指導者も停滞・腐ってしまう。

一人で演奏するのも最大の緊張感が
持てるから。

そして良く日本の音ってなに?
って聞かれます。

だれも明確な答えは持っていません。
そんなクソったれな質問する人は
概念の遊びにおちいってます。

まず自分の音をだそうぜ!

と思うところ。


posted by bashow at 12:27| 奈良 ☁| 質問コーナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。