2019年06月04日

6月2日は六甲山5ピークストレイルレース。

行ってきました六甲山。

6月2日六甲山5ピークストレイルレース
距離 約51.2Km 累積標高 3,330m
image.jpg

天気は曇天・気温は涼しい。
途中に小雨が降る良い天気。

土曜日は池田市で教室があり奈良に戻って
ふたたび出るのはキツイので池田から神戸方面の
適当な場所で車中泊。

朝6時前に会場近くの駐車場に入り
その後受付7時35分に第2ウェーブでスタート。

今回は高低図を印刷して持ちこれから
どんな場所を登るのかなど、
今までは行きあたりばったりだったのが少し
コースを意識して走った。

最初からきつく長い登り。
そこをクリアして
最後のかなりきつそうな登りを踏ん張れば
行けるかなっと予想する。

ロングの部(51km)は受付でライトのチェックが
あるのです。それを見せて点灯させてOKの場合
ゼッケンにチェックが入る。
夜のトレランも悪くないですが
目標は「明るい内にゴールできれば」
と「10時間でいけるかな?」です。

昨年9月の京都一周グランドトラバースの65km以来の
距離で一週間前の比叡山は20kmで棄権で
ちょっとへこんでた事もあり
とにかく時間内で完走を目指す。

先週が暑かった事もあり
攣らないように対策をとり
飲料水も経口補水液を二つのペットボトルに入れ
エイドではスポーツドリンクをメインに摂取。
あとは他のトレランナーさんのブログを拝見して
効くと言われている芍薬甘草湯とMg入りのパワージェル。

スタートして第1〜第3エイドまで順調に進む。
思ってたより早く調子が良かった。

が、、30km過ぎた辺りで豪快に
すっ転んでしまった。

いつもは転倒した際にも怪我のダメージを
少なくするように指先を切った百均手袋
なんかをしてましたが今回は忘れてしまい
今も手のひらに小石がめり込んだまま・・

すぐ後ろのランナーさんに起こしてもらい
飛んでいったスマホも拾ってもらい
少しセーブして復帰。

肘、膝、手の平から流血。
第4エイドで傷口を水で流し
小学校以来の肘・膝の出血で
血って鮮やかな色やなぁ〜。

ここまでは六甲の山中はとても
綺麗で比較的走りやすくて
京都の山中も美しいけど六甲も独特でもいいね。

第5エイドまではエイドの間隔は
とても良い感じで携行する飲料がペットボトル
一本程度で良かったがこれから
約11kmゴールまで補給は無し。

しかも激坂。

それを高低表で確認できたので
第5エイドでスポーツドリンクをしっかり呑んで
2本の内のペットボトル1本は満タン。
1本は半分入れてさていよいよボスキャラと対峙。

他ランナーさんが
まだ11kmあるーーと笑ってたので
「何も考えないで突入しましょ」と
笑って返しました。

出発後いよいよ激坂の手前、ボランティアさんが
「さーーー摩耶山のぼりましょー!」
と気合をいれてくれます。
ハイカーの方も声援を送ってくれます。

ラスト3キロ程。
ゴールの掬星台まで名所らしい
稲妻坂→天狗道。

きつかった。。

途中単独一人になって周りにだれもいない、
「道が無いやん・・・」と
思うところが数カ所あって

「這って登れ!」

と言う事でありました。

「いつまでもこんな坂は続かない」

念じ念じ這って進む。

ここでかなり時間を使い
10時間以内は無理でしたが
なんとか明るい内にゴールできた。

第3エイド位からか
登りで抜かれて下りで抜かす
を何度も繰り返した方がいて
(それを5,6回は繰り返したかと)
妙な親近感が湧いて最後は一緒にゴール
したいなと思ったのですが
ゴールまでに距離が空いてしまった。

無事にゴールしてろくに神戸の夜景も見ず
バスに乗って下山。

山中で待機するガイドのボランティアさん
も虫が多くて大変でしょうね。
有り難いです。

レース中終始足先、裏は元気で太ももが
疲れはでてきましたが
次の日は殆ど筋肉痛がなく
擦りむいた傷口が時折
ズキズキする程度で足はちょっとは
鍛えられているのかなっと思った次第です。

消費カロリー 6,303
ITRAポイント3ゲット!

posted by bashow at 16:15| 奈良 ☁| はしる。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする