2015年06月07日

「三味三昧・くにぶりうた」

先週28日「三味三昧・くにぶりうた」
というライブを聞きに行った。

本條秀太郎さんの三味線で
琉球からはいった音楽が日本列島を
北上するにつれそれぞれの場所で変化して
行くのを解説いりで聞くという物。

目的は主宰されている松岡正剛さんに
会うため。松岡さんは日本史の研究家・・
だけで説明できるのか・・
とにかくその筋では第一人者。

私のコンサートは氏の本を読んでイメージを膨らませたものが多い。
数日前、本を読んでて「ふっと」名前を検索したら
間近にこのライブがあって滑り込みセーフで参加できた。
後すぐに完売になったから最後の最後だったかも知れない・・

本條さんの事は二十年以上前から本で存じていた大御所。
100センチぐらい先で息づかいが感じるほどの間で
繊細な三味線の音を感じ、合間に入る松岡さんの解説で
その距離は真横の数十センチ。
本の中で頻繁にあってた人と同じ空間を過ごせたのは素直に嬉しいが
演奏内容と休憩の料理、会場の「本楼」というスペースも
なにより素晴らしく非日常な空間を楽しめた。

日本文化に関わる方は松岡氏の本はおすすめします。

年内はあと二回で終了。
次の9月もいくでー。


三味三昧










.
posted by bashow at 00:36| 奈良 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。