2013年10月31日

10月はエエ月でした。その1


いつの間にか10月が終わる。

10日に帰国してから
休む間もなく動きまわり
19日には観月祭の出演その後は
秘密の作業。
と一息ついたら今日でした。

オーストラリア滞在中は
締太鼓二台の修理と二尺長胴の皮張り。
ワークショップにブリズベンでの演奏。
その合間に高圧洗浄機での水遊び。

ブリスベンでは「弦GEN」という琴とギターの
ユニットに参加して古い工場を改装した
趣のあるホールにて演奏したが
事前に参加する二曲の音源を送っていただき
練習するがリハーサルではやっぱり変更が
あったけど楽しく演奏出来た。
初めてあって合わせての緊張感がたまらん。

ここで感じたのは「太鼓には音程が無い」
と一般にはそう思われているが
そんな事は無い。組み太鼓にしたらそれが思いっきり出る。
課題が残ったがなんとか次回工夫してみよう。
琴のTさんが関西圏の方で話が合いそうで
次回の再会も楽しみだ。
演奏前にビール二杯はビックリした。

ゴールドコーストではNさん宅に
厄介になりほぼ毎日Y姉さんと呑む。
ただ今回は滞在が長かった割に作業が
あって切り上げるのも早く決して年齢のせいではない。

長胴の修理はやったことが無いけど
やってみよう。原理は簡単。
っと言うことで受けたのだが
途中皮の品質の問題で充分な張力を掛けることが
できずに作業を完了した。
頭の中で考えるだけでは無くやって見ると
考えていなかった問題が当然でる。
ここをクリアして経験と積む瞬間が当事者にしか
わからない快感だ。

あっという間に終わって
とてつもなく長い時間だった10月。

その1おわり。 




.













posted by bashow at 23:29| 奈良 ☁| Performance | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。