2013年03月12日

bashow's method No.3

バチの事について。

だいたい檜を使っています。
産地は主に吉野檜。

吉野檜は少々重い。固い。

大型になるにつれて重さが増すので
負担がかかるので私の場合は
大太鼓バチは木曽檜の面を作る
とても貴重な部分のを使っている。

一般の方に渡すのは
いわば大量生産用なのです。
木工旋盤で削ってサンドペーパーで
仕上げる。

手触りはツルツルで滑らか。

ここで少し手を加えましょう。
カンナで木目に沿って軽く削る。
すると木目がハッキリでてきて
手に吸い付くようにフィットします。

この削る時は木目にを読むのが大事で
木目を間違うと手の皮と同じで逆むけが起こります。
手が痛みますので注意です。

後は手が傷つかないように仕上げる。
ここまでするとグッとバチの価値も上がります。

今あるバチをグレードアップする
初級編です。

お試しください。









posted by bashow at 23:10| 奈良 ☀| bashow's method | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。