2018年12月28日

インスリンショック。

体力の必要とする演奏の為にと三年前からマラソンを
始めて更に去年からトレイルランニングを始め
そこから体の事を知るにつれて最近は血糖値の事を
気にしだした。

ゴールドコーストに着いてから多糖類と
果物(果糖)は普通に食べて砂糖の入った
物をまったく食べてない。

お、、クリスマスには特別と言う意識で
ケーキは食べた。美味かった。

1日ガマンできたらリセットして次の日は
またガマンの1日が始まるという気分で
いればいけるもんです。
もうガマンでは無く普通になりつつある。

トレーニングにランニングをすると
調子の良いときと悪いときの開きがあって
なんでこんなにムラが?
と思ってていろいろ調べてた訳です。

そこでインスリンショックと言うのを知って
これは実際に体験してみたいと思った。
トレランでよくなりそうな場面が多いから。

たんに調子が悪かったのか他に原因が
あるのかを知るためで前のブログでそんな事を
書いたら、まさかこれか!!っという体験をした。

ランニング30分くらい前に軽く果物など食べたところ
走り出し少々で足が重くなって最後には歩く始末。
胃になにか物が入って重くなったとかの感じではなくて
足が動かない・・もしやインスリンショックか!

これをもう一回か二回ほど狙ってやってみて
同じ現象が起こればインスリンショック!

本番でやってはいけないことだ。
posted by bashow at 22:41| 奈良 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月24日

やっぱり夏が好き。

極寒の奈良の山奥から先ず極暑の
ケアンズに着いて少人数ワークショップからの
グループワークショップをし一泊して
次の日ゴールドコーストへ到着し
その夜もワークショップ。

久しぶりに長い時間の稽古でいい汗かきました。

次の日はゆったりとしましたが
なんせ暑い。やっと暑さも落ち着いて涼しい
くらになりましたが体がついていかなくて
数日まったりとしておりました。

奈良では10キロ程度ならばスキップして走れる!
ってな感覚でしたけれど北半球と南半球の
地軸の違いでしょうか直ぐには順応しません。
毎度毎度寸前まで渡豪の準備で仕事など追い込んで
こなしていたから疲れが出たのでしょうけれどね。

一昨日から3キロ走り次の日は6キロ走
今日は3キロ走で体も追いついて来た感じで
そろそろ10キロ以上走っていこうかと調子は上向き。

今月の月間走行距離は11月に続いて
低走行距離ですけれど1月からは200キロが目標です。
25日に比叡山インターナショナルと言う
トレイルランニングの大会のエントリーが始まり
UTMF出場のポイントを
稼げる大会なのでしっかり足をつくりたい。

カレンダーをみると昨年途中棄権した
100キロマラソンの開催日が5月12日。
比叡山インターナショナルの日も5月25日。

100キロ走って間もなく50キロの
トレランは厳しい。

100キロマラソンのリベンジは必ず
なしとげたい所ですがこれは他の大会でも良い。
しかし比叡山インターナショナルはここでポイントを
稼がないと再来年UTMFに出場する為の権利が
遠のいてしまうのでこちらが優先としております。

今日のランニングも腕の振りとストライドを少しだけ
大きくする事そして姿勢に意識を向け心拍数を
確認しながら丁寧に走ってました。

先日の奈良マラソン、走り込みが少なかったので
心拍数がずっと高くて「良くないなぁ」
と思って中間地点で休憩とり善哉を三杯食べましたが
走り込んだ距離は嘘をつかない。
気合い一杯で望んでも長距離は
走った距離が答えてくれる。

あとトレランで長時間走る際に
インスリンショックと言うのを良く聞くので
どうなるのか故意に体験してみたい。






posted by bashow at 22:39| 奈良 ☀| はしる。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月13日

撫鼓出演後感想。

撫鼓が劇団さんの出演を終えてから
しばらく立ちますが結構風邪をこじらせて
大分元に戻りつつある水曜日。

今回の演奏については課題がハッキリと浮き
上がったと言うところでしょう。

メンバーそれぞれのグループでやってますが
撫鼓として誘いやってみて
あれ?っと言う場面もあったり反対に期待通りか
それ以上にやってくれたメンバーもいたり
自分の思い込みを大いに反省。

外に出るとキャリア10年以上とかも
全く役に立たずこもってやってるとダメなのでは?
っというよりそこで長くいて感覚が麻痺するのが
良くないのか外に触覚を延ばすと言うか
もうちょっと外皮を削って真皮を出してもいいかと思う。
とは言っても本人がそう思うか否か。

劇団さんの出演のあと歌舞伎の映像を見る事が
あって自分も20代で歌舞伎を見たり
ミュージカルを見たりしたなっと思い出し
メンバーも見た方が良いなっと思ったりしました。
外の刺激に触れて考える事も必要かなと思う訳です。

私の場合そこで日本の文化が好きになって
色々日本文化に興味が出るし本や映像も見る。
私的に何が大事だなと思うのは姿勢。

楽器の演奏者ってその腕やら指やらで音を鳴らす訳ですが
と言う事は鳴らす体の動かし方で音が変わるでしょう。
体が楽器みたいな物と思うので突き詰めると
食べ物なんかも影響してくると思う。
あとは自分から離れて自分を見る事も大事だと思う。

以前アムステルダムでみたクラシックコンサートで
始まる前の演奏者がキョロキョロしたりそわそわしたり
始まるとビシッと演奏が決まったのでそれはそれで
格好良い。演奏が決まるとそれもよく見える。

たまには音が鳴って体を揺らすばかりでなく
ジッと集中して聞くのも大事だとおもうし
雅楽や能とか歌舞伎とかも見た方が良いですよ。



posted by bashow at 02:54| 奈良 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする