2014年02月28日

つづき。

シティーホールでの演奏は
舞台中央のパイプオルガンの下から登場する。

他のグループの演奏中は舞台監督に
呼ばれてその直ぐ中の幕で仕切られた
薄暗い部屋で待機する。

呼ばれて薄暗い部屋で待機して
舞台へ進むわけだがここでの
緊張感といえばドーパミンがドクドクってな感じで
この孤独な空間を一人で楽しめるのは
何て幸せ者!っと別に信心深いわけでは
ないが「お〜〜〜神さま。ありがとう!」と
ホントに叫ぶことは出来ないので心の中で叫んだのでした。

そんな気持ちの時の演奏って連動してて
久々の気持ちの良い集中できた演奏だった。

やっぱり舞台はいい!





.
posted by bashow at 18:31| 奈良 ☁| Performance | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月16日

無事に帰国

12日に帰国してから
冬から夏・夏から冬の変化と
刺激的な毎日のせいなのか
日中気を許せばコックリコックリとして
しまって「寝る寝る寝る」の日々でした。

パフォーマンス最終日の11日は
ブリズベンのシティホールでの演奏。
IMG_1538.JPG
大きなパイプオルガンがあって音がかなり響き
大人数の太鼓演奏では音がまわりすぎて
お客さんもしんどいであろうホールだ。
ここは「一人での演奏がぴったりやン」っと気合いが入るぜ!
でした。

持ち込んだ大太鼓皮の検疫が早く終わり
最終のパフォーマンスに間に合い、太鼓台も
現地の木材屋さんを巡り速攻で作る。
スティーブありがとう!です。

シティホールの演奏は快感でした。




つづく





.
posted by bashow at 09:40| 奈良 ☁| Performance | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。